忠臣蔵。

テレビドラマの再放送とか、特集的なものとか多くなるこの季節。

かなり美化されているのは承知だけど、やっぱり日本人の心をくすぐるのよね。
ほとんどの部分が芝居のために創作されたものだとしても、何度も見ているうちに「そうであってほしい!」みたいな気持ちになるし。



今日、ドラマの録画を見ていて思ったのですが、この人たちは討ち入りまで長く待ち、切腹までも待たされ、そういう人生だったんだなー・・・と。

処分が下されるまで、全員、一回くらいは
「もしかして、御赦免になるかも?」
って、思ったよね?

それも、辛いよね。
そんなに待たされるなら、たまには全員で会ったりさせてあげてもいいのにとも思ったり。
面会とか自由だったのかなーとか思ったり(ないな、それは)



切腹も、17人も預かっているお家では時間かかったんじゃないかと。
お庭をきれいにして整えてと大変よね。最後の一人とかになるのいやだっただろうな。
もしかしたら、中庭と裏庭で同時ににちゃっちゃといくよ!かもしれないけど(失礼だな)。

見守っている人たちも辛い仕事だよなー。
いや、入れ替え制でとかかもしれないですけど。
切腹は武士の最後としては最高と思っても、それを何人も見なきゃいけないのいやだ。

吉良様も、これでもかっていうくらいいやらしく意地悪に描かれるし、演じる役者もいやなほういやなほうに寄せていくし。

吉良家の家臣だって忠義を貫いたのに、悪役扱いでちょっとかわいそう。
とばっちりの、とばっちりだよね。
[PR]
Commented by orion1957 at 2015-12-17 20:24
おおよその流れは知っていても、
なかなかちゃんとしたものをしっかりと読んだり観たりしてないです。
勉強せねばと思いつつも、本もドラマも長いんですよね(笑
いちもんぢ
Commented by aiai525 at 2015-12-18 08:12
♪いちもんぢさん。
本やドラマによっても解釈が違ったりしますしね。
脚色が多いとはいえ、徳川綱吉の時代で庶民のフラストレーションが溜まっていたのも、美化されていった要因なんでしょうけどね。
by aiai525 | 2015-12-16 00:30 | ぬるま湯日記 | Comments(2)

人生ぬるま湯、お風呂は熱く!。


by aiai525
プロフィールを見る
画像一覧