映画『365日のシンプルライフ』。

映画『365日のシンプルライフ』を見てきました。

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。
ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、 自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。
ルールは4つ。

ルール1:自分の持ち物全てを倉庫に預ける
ルール2:1日に1個だけ倉庫から持ってくる
ルール3:1年間、続ける
ルール4:1年間、何も買わない

スタートは、何も無い部屋の全裸のペトリ(笑)
雪の中を全裸で(途中、新聞紙ひろって股間は隠す)倉庫まで走る。
最初に手にするものは、ひざ丈のコート。

週明け、会社に行くまでにはそれなりの格好になってないとまずいわけですよ。

ま、あんまり細かく書いてもダメなんだけど、究極のモノ選びになるのね。
でも、男子だし、独身だし、若いし、
7日目くらいには「これでいいかな?」とか言い出すのよ。

家族や友達には呆れられたりもするし。
娯楽に関するモノが何も無い部屋では、外見てるくらいしか時間をつぶせないし(新聞はあったけど)
最初は全裸だし、次も全裸にコートだし、夜中にならないと外に出られない。

でも、指でパンにマーガリン塗ればそれで済むし
見えなきゃ、靴下も下着もいらないし

持ってくるモノを細かく見せてくれるわけじゃないんだけど、床に毛布だけで寝ていたのがマットレスを持ってくれば、やはり幸せそうだし。スタート時は冬で窓の外に置いておいた食品も冷蔵庫が必要になるし。
一番、変わるのはガールフレンドができたこと。デートとなれば洋服もきれいなのが必要。そうなるとアイロンやアイロン台もいるし。彼女の冷蔵庫が壊れても買ってあげる事ができない(←自己嫌悪に陥ってた)

ここまで極端にはできないけど、キッチン用品だけとか、洋服だけとか、化粧品だけとかならできるんじゃないかと。
ちょっとやってみようかな。


[PR]
Commented by bin-house at 2014-08-30 00:34
海外の方って、何処かやることが極端っつーかw
確かに、一日1つとなると何が必要かもの凄く吟味するよね〜。

面白そうな映画だなー
Commented by aiai525 at 2014-08-30 13:28
♪binちゃん。

主人公の人が映像関係の仕事をしていて、友人たちと実験的にやりはじめたらしいのよ、それが映画になったみたい。
荷物を運び出す時に友達に「お前なら最初に何を持ってくる?」って聞くと、その子は「ブランケット!敷いてもいいし、かけてもいいし、シャワーの後身体を拭けるし、畳めばマクラにもなる」って(笑)男子ってすごいわって思った。
でも、主人公は最初のコートで頭を拭いてそのまま着てた(笑)

フィンランドだから当然なんだけど、食器が最近流行っている北欧食器だし、建物とかなんだか素敵だった。
Commented by orion1957 at 2014-09-01 19:04
なんか面白そうな映画!
観た~い。
嫁に観せた~い!
レンタル出たら借りようっと。
いちもんぢ
Commented by aiai525 at 2014-09-01 23:20
♪いちもんぢさん。

やってみようってなるか、無駄なことを・・・・てなるかww

「男だからできるのよ!」って、なるかもしれません。
でも、考えるきっかけにはなるかも。

私は汚部屋blogとか見ると「あー、こうなったら大変!」って、掃除する気になりますww
by aiai525 | 2014-08-28 14:19 | ぬるま湯日記 | Comments(4)

人生ぬるま湯、お風呂は熱く!。


by aiai525
プロフィールを見る
画像一覧